読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

prizami’s blog

ウェディングフラワースクールPRE.SEEDさん受講生。 BAR T&A.(東京都中央区銀座8-6-8銀座片桐ビルB2)にて、prizamiのカタログ&スライドショー展示しています。美味しいお酒を飲みながらprizamiの作品もお楽しみください。 オーダーお問い合わせなどはInstagram prizamiのDMより、 現品ご購入はminneから、宜しくお願い致します。

プリザーブドフラワーメーカーご紹介

こちらのフラワーアレンジメントには一体どんな花材を使用しているのか、、

はじめてのオーダーとなれば、そこも気になるところであります。

 

 

ヴェルディッシモ(VERDISSIMO)

 

どんな花でも加工できる独自の技術を持ち、良質な生花を使い、新鮮なままの状態で加工、鮮やかでみずみずしいプリザーブドフラワーを提供していきます。

プリザーブドフラワーは湿度に弱い性質がありますが、こちらのローズは、湿度にも強く改良され、長期にわたって美しさを保ちます。

鮮やかな発色のカラーバリエーション、しっとりと落ち着いたカラーラインナップ、豊富なサイズバリエーションが人気です。

 

 

 

 

☆ヴェルモント(vermont)

 

こちらは特別な技術で、花の組織を完全に保ちながら、花の自然な特色を残し完成させるものです。

この技術により、いつまでも弾力性のある形を保ちます。

こちらの製品は色褪せがしづらく更に、他社にはないマットな色合いが最大の魅力です。

また素材開発メーカーであると同時にアレンジメントを提案している唯一のブランドでもあります。

 

 

 

 

 

☆アモローサ(AMOROSA)

 

最大の特徴は、ベルベットを思わせる光沢のある深い質感、花弁が多く、巻きの美しい大輪種、そして弾力があり、こわれにくい頑強さです。

研究、開発を重ねた末出会った大変希少なバラの品種が使われており、恵まれた気候でじっくり育てることにより上質で大輪のバラが育まれるのです。

スピーディーに加工することで、バラ本来の美しさと輝きを発することができるのです。

 

 

 

 

 

☆フロールエバー(FLOREVER)

 

こちらはプリザーブドフラワーに適した花を手塩にかけて育てます。

厳選したコロンビアフラワーのみ使用することと高い技術とが、透明感のある色合い洗練された花のフォルム、柔らかさを可能にしています。

 

 

 

 

 

☆大地農園プリザーグリング(preserving)

 

日本国内唯一のプリザーブドフラワーメーカーです。

世界各国から原料を輸入し独自の技術で加工を行っております。

日本人好みの優しいカラーバリエーション、小さなアレンジにも使いやすいスプレータイプなど、デザインの幅を広げてくれる多彩な商品ラインナップが魅力です。

 

 

 

以上が、使用させていただいておりますプリザーブドフラワーのメーカーのご紹介になります。

 

プリザーブドフラワーだけでも様々な種類があります。

その数多くの中から、作品に適したお花を見極め制作していきます。

 

f:id:prizami:20170401134557j:image

 

プリザーブドフラワーラウンドブーケ 

 

参考価格、¥40,000〜オーダー承ります。